2010年11月12日

借り換えとシミュレーション計算

いま借りている住宅ローンの借り換えを実際にシミュレーションしてみてはいかがでしょうか?住宅ローンを提供している金融機関のウェブサイトでは住宅ローンのシミュレーション計算ができるようになっています。
ローン残高や残債、毎月の返済額、ボーナス月の返済額等を入力すれば、すぐに借り換えた場合、どれくらいお得になるか、手数料は高くないか、返済額は大丈夫かなどなどを素早く算出してくれます。
借り換えに不安を感じている方は、借り換えシミュレーション機能を利用して、実際に返済額などを計算してみましょう。
posted by yutaka at 14:06| 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

借り換えのコスト

「どうせ返済額なんて大して変わらないからなにもしないほうが費用がかからなくていいのでは?」と考える方が実に多いです。
住宅ローンを借り換えるための商品を探したり、専門家に相談する時間のことを考えると大きなコストになると思われる方もいらっしゃるでしょう。これまでの返済方法を変えるのも面倒くさいという方も多いでしょう。

長期的な住宅ローンを組む際には保証料などの諸費用を勘案あんした上での総額コストを見積もりながら、色々な角度からの比較・検討してみることが大切です。そうすると、長期的なスパンで考えると金利が少しでも低いほうが支払額の合計が少なくなるケースが増えているのです。
posted by yutaka at 10:07| 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

借り換えのメリットはあるの?

今まで住宅ローンを組んだことのある方で、今現在も返済中の人は、是非一度、借り換えについて勉強してみたほうがよいかもしれません。毎月の返済額の支払いがだんだんと厳しくなって、金利負担が大きいと感じている方ならなおさらです。長い目で見て金利が上昇しそうだったら長期固定金利型のフラット35の商品への借り換えも考えるほうが良いかもしれません。
さまざまな金融機関の住宅ローン金利を調査して、今よりも有利な返済の条件に"借り換え"するのが得策になります。将来も合わせた総返済額が減る可能性が高いメリットがあるのです。
posted by yutaka at 18:25| 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

住宅ローンの減税と借り換え

マイホームをお得に購入するなら、「住宅借入金等特別控除」を受けて税金を優遇される減税措置を適用されるのがよいでしょう。住宅ローン減税のメリットを最大限に活かしながら、より多くの還付金を受けられるケースも現在では増えているようです。
さらには借り換え時にも住宅ローンの減税措置を受けられるので、減税についても借り換えと同様に詳細な調査をしてみるとよいでしょう。住宅のような高い買い物の時には知識量を持っている人のほうが、よりお得に購入できる仕組みになっています。時間をかけて借り換えや減税についての基本的な情報だけでもインプットしておきましょう。
posted by yutaka at 16:52| 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。